So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

RSP57 サンプル百貨店 「PARM」 森永乳業

試食もデザートに。森永乳業さんの「PARM」です。


DSC05430.JPG


PARMアイスは美味しい!というのは、もはや常識。
今日はその新ラインナップを食べられるということで、わくわくです(*^。^*)

DSC05431.JPG


じゃーん。


DSC05432.JPG


おおーっ、ダブルのチョコだーっ。

・・・

(とってもおいしい・・・)


おいしいアイスをもぐもぐしながら、森永乳業さんのプレゼンを拝聴します。


DSC05434.JPG


そう、PARMは「大人が満足できるチョコアイスバー」。
キャンディタイプのアイスなのに、大人が美味しいと思えるアイスなんですよね~。


DSC05435.JPG


2005年の発売当時、箱売りタイプのアイスは主にファミリー向けでした。
それらの商品とは一線を画すアイスとして、PARMは開発されたんですね。


DSC05436.JPG


毎日アイスを買いに行く暇はないけど、PARMが冷凍庫にあれば大丈夫!

DSC05437.JPG


なぜPARMは他のチョコアイスバーと違っておいしいのか。
秘訣のひとつは「口どけ」。

周りのチョコレートが、口に含んだ時にアイスと同時に溶けるよう計算されているそうです。
そういえば、チョコがパリッと割れない!
「食べながら聴いてください」というプレゼンは、これが実感できるようにだったのですね。

口の中でとろ~りと溶けるチョコとアイスが、ほんとうに絶妙です。

中のアイスももちろんコクのある高級感あるものに仕上げているそうです。


そして今回の新商品!

中のアイスもチョコレートですよ~。


DSC05440.JPG


こことは別会場で、中がバニラアイスのPARMもいただいたのですが
私は正直 この新商品のほうが好き!でした。
チョコ味が好きな方なら文句なしにこっちだと思う~。

3月20日に発売されているので、店頭にも並んでいるのを見かけます。
見かけるたびに買いたくなって困ります(笑)


ちなみに「PARM」という名前ですが、このアイスの楕円形の形状から
イタリア語で「手のひら」を意味する「パルマ」を由来としているそうです。
PARMのCMに登場している竹内結子さんも、PARMの大ファンで
CM撮影中、カットの声がかかっても「おいしい~」と言いながら
PARMを食べ続けていたそうです。


冷凍庫に常備しておきたい箱アイス、PARMでした。
うふふ、森永さんの回し者みたいになっちゃった(笑)

 

nice!(0)  コメント(0) 

RSP57 サンプル百貨店 「李錦記オイスターソースチューブ入り」 ヱスビー食品 [第57回RSPレポート]

続いての試食タイムは、エスビー食品さんの「李錦記オイスターソース チューブ入り」。


DSC05426.JPG


李錦記のオイスターソース、我が家でも瓶タイプを使ってます。
ブロッコリーと豚肉をオイマヨで炒めたり、美味しいですよね~。

今回の試食は鶏肉とねぎをオイスターソースで味付けしたものでした。


DSC05414.JPG


味付けはオイスターソースのみという、超シンプルなレシピながら
すごくおいしくて びっくりしました。

エスビーのサイトにレシピが載っているそうです。


李錦記は香港の会社で、エスビーが輸入販売をしているそうです。

オイスターソースを世界で最初に発売した会社で、大変有名。
横浜の中華街でも、シェフの67%が李錦記のオイスターソースを使用しているそうです。
プロからの信頼も厚い、味は保証つきのソースなんですね。


DSC05419.JPG


なんと、火の消し忘れから生まれた調味料なんですって。
鍋の底にどろどろのソースが溜まっていて、味見したら美味しかった!
・・・という 冗談みたいな開発秘話を教えていただきました。


DSC05422.JPG


瓶タイプだと、量をはかるのに軽量スプーンなどが必要でした。
ところがチューブタイプなら、そんな心配は無用!

チューブにメモリが書いてあるので、それを読める人なら大丈夫です。

確かにこれは便利~。


DSC05423.JPG


火を通さなくても食べられるのが オイスターソース。

こんなに色々な調理方法があるようです。
カレーや焼そばに隠し味として入れても美味しいそうですよ!


試食とってもおいしかったです。
李錦記のオイスターソース、味も安心もお墨付き。
チューブタイプ絶対便利ですよね!サンプル使うのが楽しみです(*^。^*)

 

nice!(1)  コメント(0) 

RSP57 サンプル百貨店 「毎朝爽快」 森永乳業 [第57回RSPレポート]

試食試飲タイムでは、森永乳業さんの「毎朝爽快」をいただきました。


DSC05399.JPG


お腹の調子を良好に保つ、「トクホ」のドリンクです。


DSC05400.JPG


「ラクチュロース」という、ビフィズス菌のえさになる成分が含まれているので
腸内のビフィズス菌を増やしてくれる働きをします。


DSC05401.JPG


1日1本、3日続けて飲んでみてください。
7割の方が効果を実感しています!とのことでした。


ビフィズス菌=善玉菌で、お腹の中にたくさんいるといい。
なんとなくそういう知識はありますが、
ヨーグルトや乳酸菌のドリンクならなんでもいいのでは?と思いますが・・・


DSC05405.JPG


この「ラクチュロース」は、生きたまま腸まで届くので、
効果的に腸内のビフィズス菌と出会うことができるとのこと。


そして、森永のヨーグルトといえば、ビフィズス菌(BB536)ですが・・・


DSC05406.JPG


「生きたまま大腸に到達」というのが 大事なんですって。
さらに長年の研究で 安心・安全だということが確立されています。


DSC05407.JPG


そんな大事なビフィズス菌、年齢とともに減っていってしまう~。
年をとるといいものはなにもかも減ってしまうのね(>_<)


そこでビフィズス菌を積極的に摂取するわけですが、

なんと。ビフィズス菌って、全てのヨーグルトに入ってるわけじゃないんですって!


DSC05408.JPG


ほぉー、知らなかった。ヨーグルトなら何でも入ってると思ってた・・・。

どんな役目をする菌が入っているのか、チェックして買ってみよう!


最後に、毎朝爽快と便秘薬との違いについて。


DSC05409.JPG


便秘薬は、現時点で便秘している人がその症状を解消するために
即効性を求めて利用するもの。
毎朝爽快は、根本の原因に働きかけ、体質を改善することで
便秘体質からおさらばすることを目的とするもの。


というわけで、サンプルで3パックいただきましたので、私も早速飲んでみました。

効果ありましたよ!いい感じでした(^^)


毎朝爽快は冷やして飲むと美味しいですが、常温保存が可能なので
まとめて購入しておくことができます。それは便利ですね!
毎日1本を習慣化して、お腹の悩みとおさらばを目指したい!
1日1本!1本100円!一ヶ月で3100円!


・・・もう少し安くなると すごくうれしいんだけどな~。
スライドでは、便秘薬より安いみたいなことが書いてありますが
便秘薬って毎日飲まないし、1瓶飲みきるのにだいぶかかりますよね?
(飲みきれずに期限切れになることも多いような・・・)
そう考えると、ひと月3100円は ちょっと高いなぁと思います。
でも効果あったし、おいしかったし、続けてみたい気もします~。

 

nice!(0)  コメント(0) 

RSP57 サンプル百貨店 「フルコートf」 田辺三菱製薬 [第57回RSPレポート]

続いて、田辺三菱製薬さんから「フルコートf」の紹介です。


DSC05382.JPG


市販の塗り薬には実にいろんな種類がありますが・・・


DSC05384.JPG


目的別に分けただけでも、こんなに色々。
さらに部位ごとにも種類が分かれていたりします。


大事なのは、自分の症状がどれに当てはまるのかをよく考えて
適切な薬を選ぶこと。


フルコートfは、湿疹・かぶれなどの皮膚炎に効く、ステロイド入りの軟膏です。


DSC05386.JPG


この画像では細かい文字は読めないと思いますが、指摘されている部分:
洋服だったり、時計、メガネ、帽子、化粧品、靴・・・実に様々なものとの接触により
皮膚はトラブルを起こします。


赤く腫れたり、ブツブツが出たり、かゆくなったり。炎症ですね。


適切なときに適切な処置をせず、そこを掻いてしまったりすると
炎症は悪化してしまいます。
膿んでしまったり、ただれたり・・・
やがて炎症がおさまるにつれ、かさぶたになり、それがはがれて
元の皮膚に戻りますが、炎症の悪化が大きければ大きいほど
元に戻るのが大変になります。


大事なのは、悪化する前に適切な処置をして、早く治すこと。


DSC05388.JPG


ところが、「かゆみ」という感覚は、人間にとって最も我慢できないものなんだそうです。
寝ながらでも無意識のうちに掻いてしまう。
掻くと患部の症状が悪化し、さらにかゆくなる。また掻く・・・悪化のサイクルです。

だから、炎症の初期である かゆみのうちに、早めに患部をケアしてあげよう!


フルコートfは、ステロイド入りの軟膏です。
ステロイドと聴くと 使うのが怖い、という人も多いですよね。


DSC05390.JPG


ステロイドには、強さ別に5段階の種類があります。
ウイーク(弱い)からストロンゲスト(最も強い)まで。

フルコートfは、3番目の「ストロング」に属し、
市販されているステロイド入り軟膏の中では 最も強い部類だそうです。

(その上の2段階は、処方薬としてしか流通していない)


DSC05392.JPG


市販薬で一番強いと聴くと、さらにしり込みしてしまう方も多いと思いますが

炎症を治す方法として、現在主流となる考え方は
まず最初に強めの薬で患部を叩き、徐々に弱い薬に切り替えていくことで
早く治す、という「ステップダウン療法」だそうです。


DSC05391.JPG


逆の「ステップアップ療法」のほうが安心のような気がしますが、
弱い薬からはじめるとどうしても治癒までの期間が長引くので、
症状が悪化したり、慢性化したり、治療期間が長期化したり
治癒後に患部が黒ずむなどの痕が残ってしまうこともある。


だから、強めの薬を短期間使って 早く治す。
フルコートfは そうした使い方に適した市販薬、ということでした。


フルコートfには、赤ちゃんや子ども向けの商品もあるそうです。

DSC05393.JPG
赤ちゃんは皮膚の厚みが大人より薄いので、強すぎる薬はよくないから
ステロイドは弱めの「ウィーク」ランクなんですね。
上手に使い分けなきゃ、ですね。


そして塗る量。これも、少なくても多くてもよくないそうです。


DSC05395.JPG


第一関節分の薬を、大人の手のひら2枚分ぐらいの広さに塗り広げる。
これは是非覚えておいて欲しいとのことでした。


ステロイドとうまくおつきあいして、皮膚トラブルを軽めに乗り越えたいですね(^^)

 

nice!(0)  コメント(0) 

RSP57 サンプル百貨店 「金の青汁 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素」 日本薬健 [第57回RSPレポート]

日本薬健さんからは、「金の青汁 25種の純国産野菜 乳酸菌×酵素」の紹介です。


DSC05369.JPG


青汁って飲みにくくて続けられない。というイメージは、いまだに強いようです。


DSC05370.JPG


でもそれは青汁の主成分が「ケール」だった時代の話。
ケールは苦味があって飲みにくいのですが、現在の青汁の主流の大麦若葉は
とても飲みやすく、栄養バランスも良いんだそうです。


DSC05375.JPG

しかもこの商品に含まれている野菜25種は、すべて純国産。安心・安全です。
そして、乳酸菌と酵素が配合されています。


DSC05373.JPG

乳酸菌は腸内フローラを整えるのに活躍します。
お通じが整うことは、健康にものすごく大切なことなんですね。


DSC05377.JPG
腸まで届く「フェカリス菌」が200億個入っているそうです。
なんと1パックにヨーグルト20個分入っているとか!


DSC05374.JPG


そして酵素。酵素は代謝や消化を助けてくれるそうです。


DSC05378.JPG


でも、酵素は年をとるとどんどん減っていってしまう・・・
酵素、摂取したくなりますね~。


日本薬健さんの金の青汁シリーズは、コスパがとても良い評判だし
実際とても飲みやすいです。

DSC05379.JPG


お水に溶かして飲みにくさを感じる方は、牛乳に溶かしたり(これおすすめ!)
ホットケーキなどのお菓子作りで小麦粉と一緒に混ぜたりしても大丈夫だそうです。
何しろ味が苦くないので、料理やお菓子の味を邪魔しないんですね。


青汁に挑戦してみたい方は、お値段的にも おすすめの商品だと思います(^^)

 

nice!(0)  コメント(0) 

RSP57 サンプル百貨店 「<ブレンディ>挽きたてプレミアムブラック」 AGF [第57回RSPレポート]

サンプル百貨店主催の 第57回リアルサンプリングプロモーションに
参加してきました。

今回もたくさんのサンプルのお土産をいただいてきました!


メーカーさんのプレゼン一番手は AGFさん。
<ブレンディ>挽きたてプレミアムブラックの紹介です。


DSC05357.JPG


こちらの商品は、「コンビニコーヒー」の弱点を補える商品として開発されたそうです。


DSC05358.JPG


すごい量ですね~。
通勤時に毎日飲む人は、年間休日120日だとしても
年間245杯^^;飲むことになりますもんね・・・。


DSC05359.JPG


コーヒーの消費量も、この数年でこんなに増えているんだそうです。

DSC05360.JPG


そうですね。その上、街のあちこちにあるコンビニでいつでも手軽に買えるのが便利です。


DSC05361.JPG


確かに、蓋をしてもバッグに入れたらこぼれますね…。


DSC05362.JPG


このボトルの形は男性向けなんだそうです。
確かに、がぶっと飲むのに適した広口ですよね。

DSC05363.JPG


ということで、作ったのがこの商品。


DSC05364.JPG


コンビニコーヒーのような香りと味わいを、同価格で飲みやすく。

なんと、350ml入りで お値段は100円です!コンビニコーヒーよりお得!


たくさん飲みたい人、持ち運んで飲みたい人に おすすめ商品でした。
味はちょっとアメリカンかな。たくさん飲めるよう配慮されているのかもしれません。

スタバの濃い~ぃコーヒーが好きな人には物足りないと思いますが
コーヒーをライトに飲みたい人には向いていると感じました。


5月8日から、セブンイレブンで先行発売されているそうです。
一度試してみる価値は十分あると思いますよ~!!

 

nice!(0)  コメント(0) 

2017GW 北信旅行(その3) [旅行・お出かけ]

今回のGW旅行は、当初は1泊2日の予定だったのですが
それを1泊延ばして穂高に宿をとったのは、


残雪輝く北アルプスの山並みを見たかったから!


安曇野穂高地域からみる北アルプスはいつだって素敵ですが
この時期、残雪が残る山並みは特に素晴らしく
さらに、水が張られた田んぼに映る山並みが見れるのは
田植えが始まる前のわずかな時期だけ。


GWの今が、一番きれいだと、私は思ってます。


パパさんが山が好きなので、若い頃に連れてきてもらって
大町の山岳博物館から山並みを眺めたりもしました。
信州にはよく旅行に来ますが、北アルプスのふもと、
松本より北まで来ることは滅多にないので
この時期の北アルプスを見たのは 何十年ぶり、かも。


というわけで宿を出てから 視線は山並みに釘付け。


DSC_0244.JPGDSC_0245.JPGDSC_0246.JPGDSC_0248.JPG


ずーっと、こういう眺めが続きます。ほんとうにきれい!
水面に映る逆さ富士ならぬ逆さ北アルプスもそこここで見れました。
タイミングよく撮影までは出来ませんでしたが、この目でしっかりと!


道中すべてがビューポイント状態なのですが、山を登りだすと
さらに絶景が広がります。
見晴台からの眺めは壮観でした!


DSC_0249.JPG


白く光っちゃって見えないですね~
ほんとうは、この写真の両側にさらに山並みが続いています。
満開の桜、新緑、残雪をかぶった青い山脈に、青い空。
日本の春、万歳!って気分になります。
だいだらぼっちが歩いてそうだよ(^^)


♪だいだらぼっち~ だらぼっち~
だいだらぼっち~ だらぼっち~
ひとりぼっちで どこに~いる~

でてこ~い(でてこ~い)でてこ~い(でてこ~い)・・・
山は~春~ 山は~春~
ここはお前が大昔 もっこで担いできた山さ・・・♪


って合唱曲があるのです。懐かしいなぁ。
だいだらぼっちの春、とかいう歌だったような?
そのメロディーがぴったりの風景でした。


DSC_0253.JPG
遠くの山並みに、「武田菱」発見。
いちばん高い山の右肩あたりに、4つの菱形 ◆ ありますね!
「雪形」ですよね。田植えの目安になるとか聞いたことがあります。
スマホのズーム機能をめいっぱい使って撮影してみました。


道をさらに行くと、やがて戸隠の山が見えてきました。
こちらはかなりでこぼこした山。

「大望峠」というところで、北アルプスと戸隠の山を再び眺めます。


DSC_0260.JPGDSC_0262.JPG


さっきの見晴台もそうでしたけど、ツーリングのバイク乗りさんがいっぱい。
単独で、複数で、たくさん見かけました。


「(私の兄)さんもきっとこうやって見に来てたんだろうなぁ」と パパさん。
そうだね、兄が生きてたら きっと今日もどこかで走ってただろうね。
こんな景色を眺めながらのツーリング 楽しかったんだろうなぁ・・・。


今日の目的地は戸隠。
戸隠神社は五社ありますが、一度に全部はとてもとても回れないので
中社と奥社に行って来ました。


DSC_0268.JPG

中社です。


DSC_0267.JPG

境内にはまだ雪が!


DSC_0269.JPG

社殿の脇もこの雪。背後の斜面から雪解け水も勢いよく流れています。
この水で作る戸隠そばだもの、美味しいのは当たり前か。


続いて奥社へ。GWとあって、中社も奥社もたくさんの人が訪れていました。


DSC_0271.JPG

奥社の入り口。
この鳥居から奥社までは なんと2キロ!あります。
ゆるやかな勾配の参道をてくてく歩いて15分ほど・・・

DSC_0272.JPG

1キロぐらい歩いたところで、山門に到着です。
参道の両脇はこんな感じで雪があり、所々水が流れていて
実はここまでですでに靴がやばいことになってました。


DSC_0273.JPG

ここはまだ中間地点!


DSC_0275.JPG
ここから先はさらに険しい山道となっていきます。
帰ってくる人の足元が泥だらけ・・・
雪に立てかけてある木の枝は、この先まで往復してきた人が
杖代わりについてきたものでした。
スキーのストックを両手に上っていく人もいます。


ふつう~の靴で来てしまった私たち、女性陣はここで引き返すことに。
パパさんが代表して奥社まで行ってきてくれました。
途中、ラインに送信されてくる参道の画像に呆然・・・


1493623163064.jpg

山門の先、杉並木の参道はやがてこのような状態になり。

(勾配が山門までの比じゃない!)


1493623172123.jpg
完全なる雪道トレッキング状態になり
(これ参道・・・?杖が必要なの、よくわかりました)



1493623182175.jpg

奥社が見えてきたー!


1493623192586.jpg

で、ようやくお参りできたそうです。
今年は例年以上に雪が残っているみたいですが、それにしてもすごい。

ちなみに私達女性陣が山門から引き返してきたとき、
途中でタイトスカートに中ヒールぐらいのパンプス姿の女性とすれ違いました。
「あの格好でどこまで行くんだろうね・・・」と話していたのですが
パパさん、山門より奥のところで その格好の女性とすれ違ったそうです。
つまり奥社までのこの雪道をタイトスカートとパンプスで行ったらしい!
ローヒールじゃないですよ。5~6センチヒールはありましたよ。
すれ違った時も、なかなかのスピードで ひとりカツカツと歩いていたので
もしかしてツアーガイドさんとかかなぁ?いや驚きました。


そんなわけで五社のうち二社のみ、しかも女性陣は中社だけだったので
ぜひまた戸隠には来ようね、ということにして 山を降りました。
次回はもう少し雪がない時に来たい・・・^^;


お昼は戸隠そば・・・も魅力的でしたが、昨日もそばを食べたので
長野市内に降りてから遅めのお昼を食べて、
旅のお土産を求めに 信州といえばの Tsuruyaに寄り道。
珈琲豆やパンやコロッケなど ツルヤならではの商品をしっかり買い込んで
上信越道にのって 東京までの帰路につきました。

20年ぶりぐらいの 残雪輝く北アルプス、ほんとに良かったです。
娘達ははじめて見たんじゃないかな。
そうそう、安曇野で以前寄り道して楽しかった「蔵久」という
かりんとうのお店、なんと廃業してお店は全て閉店とのこと。
かりんとうの「久星」って 地元では有名な企業だったようですが
去年社長が急逝したとか ネットに書いてありました。
雰囲気のいい店で 味もよかったのになぁ。残念です。


(なので、ツルヤでオリジナルのかりんとうをつい買ってきてしまった・・・
りんご果汁を練りこんだかりんとう、美味しかったです。
しかもさすがツルヤなお安いお値段だったし。う~ん幸せだ♪)


というわけで、この2泊3日で2キロ体重増えました。
GW後半はせっせとダイエットにいそしむのでした(*^_^*)

 

nice!(0)  コメント(0) 

2017GW 北信旅行(その2) [旅行・お出かけ]

二日目は、まずすぐ近くの上田城に寄ってみました。
2012年に一度家族で訪れているのですが、あれから大河ドラマがあって
きっと段違いににぎわっているのでは、と思ったからです。


なんと訪れたその日、ちょうど上田では「上田真田祭り」の当日。
街中は交通規制、上田城のふもとの駐車場は満車、
街もお城も人でいっぱい!はぁ~、想像以上だわ。
大河ドラマ効果ってやっぱりすごいんですねぇ・・・。
2012年、上田城の中の真田神社脇の 御守とか売ってるところで
真田幸村をぜひ大河ドラマに、っていう署名活動をしていて
それに家族で名前を書いてきたことを 懐かしく思い出しました。


上田真田祭りには、なんとあの草刈正雄さんがいらしてましたが
私達はそれを見物に来たわけではないので、
街中が武者行列の見物で一番にぎわっているころに
丁度真田神社でお参りしてました。
2012年に来た時にはなかった真新しい社務所や御守授与所が
参道の右側に堂々と建っていて、そこでもドラマ効果を実感しました。
桜が終わったばかりの城内は新緑がキラキラしてて
ああ、ほんとによかったね、と 他人事ながらうれしくなりました(笑)


DSC_0230.JPG


城内にあった見事な藤の木。
今が盛りと咲いていました。


DSC_0229.JPG


白藤、きれいでした~。ハチもいっぱい飛んでたけど(^^)


お昼になったので上田でおそばを食べていくことに。
長野のそばはあちこち有名だけど、上田のそばも有名なのですよ。


DSC_0231.JPG


「かみしな」さんで野菜天そば。おいしかったー☆

ふきのとうとか、春の山菜がたっぷりで、お腹いっぱいになりました。


上田を後にして、さらに北へ。大町市を目指します。

目的地は 国宝に指定されている「仁科神明宮」。


午後4時ごろ到着したのですが、境内は静謐そのもの。
一歩足を踏み入れたとたん、ひんやりとした空気に包まれました。
鳥居の内側は神の領域、みたいに ほんとに空気が違いました。


DSC_0233.JPG


3本の杉の根元が1つになっている、三本杉。
1本が折れてしまったそうで、写真の下のほうに
ちらりと屋根が写っていますが、その下に折れた木の根元があります。
あまりにも大きくて、全体を写真に収められませんでした。


DSC_0235.JPG


とても古いのです。でも、すごく厳かな雰囲気。
神妙な気持ちでお参りしました。
この神門の内側まで入って、拝殿、国宝の本殿を間近で見ることができます。


DSC_0236.JPG


これまた近すぎて、うまく撮影できません。
ここの杉もまたほんとうに立派な大木で、
この下にいるだけで 癒されるような気がしました。


DSC_0237.JPG


拝殿の脇の石垣から、ひょろっと伸びてた ぜんまい?かな?
こんなに古い 時が止まっているような場所にも、みどりの息吹が。
昨日のめがね橋のすみれもそうですけど、
古い古い構造物に芽吹くみどりに 心が動かされるのでした。


この日は穂高温泉に宿泊です。
まだ明るいうちにチェックインして、すぐに展望風呂へ。
夕日が沈む北アルプスを眺めながらのお風呂は最高でした!


DSC_0240.JPG


お夕飯は純和食。信州牛美味し!


DSC_0241.JPG


焼き物、揚げ物、かわいい丸い器の中は確か えびしんじょだったかな?
この日も満腹大満足でした。デザートもおいしかった。
お風呂ももちろん何回も行きました~。

もう少し続きます。

 

nice!(0)  コメント(0) 

2017GW 北信旅行(その1) [旅行・お出かけ]

今年のGWの家族旅行はおなじみ長野県。
ですが今回はちょっと足を延ばして 北信地方へ行って来ました。


関越道から上信越道に入り、まずは松井田妙義ICで下りて
最初の目的地は 旧信越線の めがね橋。
峠の釜めしで有名なおぎのやを通り過ぎ、碓氷バイパスではなく
18号のほうへ進んでしばらくすると やがて大きなレンガのアーチが見えてきます。


DSC_0199.JPG


以前は路肩に車数台分しか駐車スペースがなかったそうですが
数年前に、トイレつきのきれいな駐車場が整備されたとのこと。
そこに車を停めて、いざ橋の真下へ!

DSC_0201.JPG


ほ~おぉぉ。すごい迫力です!
写真に撮るとあまり大きさが伝わらないのが残念ですが
実際にここにいると、ものすごく大きな建造物です。
これ全部レンガを積んで作ってあるそうです!
こんな山の中にレンガを運んでくるだけでも大変だっただろうなぁ・・・


信越本線が走っていた碓氷峠は、日本で一番急勾配だった難所中の難所。
坂道は後ろから気動車で押し上げて登りますが、それでは無理だったので
「アプト式」という ギザギザの歯をレールの中につけて、それを咬ませて
登らせたそうです。
詳しい話はWikipediaあたりに任せるとして、ここは信越本線の旧線で
長野新幹線が開通する前まで使われていた信越本線の新線は、ここから
すこし離れたところを走っていました。


群馬県民なワタクシは、碓氷峠といえば関所跡なんでございますが
(上毛かるたの「う」の読み札ですね)
鉄っちゃんというほどではないが鉄の血も少々濃い目なワタクシですので

こういう鉄道遺跡には どうしても心が躍るのでした。


橋のたもとから、橋の上に登れる坂道をえっちら登ります。
数分で登れるので、メタボなワタクシでも大丈夫でしたよ。


DSC_0209.JPG

橋の上。橋の両側はトンネルです。
ここにレールが走っていたんですね~。


DSC_0210.JPG
橋の上の様子。
DSC_0212.JPG


橋の上から、信越本線の新線が見えます。
あの新線も、長野新幹線(今は北陸新幹線ですね)が開通した時
廃線となったので、今は電車は走っていません。
ちなみにワタクシはあそこは数回通過したことがありますね・・・
群馬県民時代、軽井沢に電車で行った時 普通列車で。
大学時代、長野へ演奏旅行に行った時は 特急で。

まったく個人的なことですが、その特急でここを通過していたときに
私の隣に座って楽しく話をしていたのは 某カメラマンのKさん。
そのKさんの突然の訃報を この翌日に知ることになりました。
同じく群馬出身ということもあり、当時から何かと可愛がっていただきました。
あの時も、おぉ~碓氷峠ですよKさん!アプト式!って今は違うけど!
Kさんアプト式時代に通ってたりして?馬鹿野郎オレをいくつだと思ってんだ!
・・・Kさんとの軽妙なやりとり、今も鮮明に思い出します。
Kさん、ほんとにほんとにありがとうございました。
私がそっちに行ったら、あのいたずらっぽい笑顔で またお話してくださいね。


DSC_0211.JPG


めがね橋の上から 18号を見下ろすと こんな感じです。
駐車場は右上のカーブ手前あたり、左側にあります。
おぎのや方面から来ると、めがね橋をいったん通り過ぎる感じですね。


DSC_0213.JPG

さっきと反対側のトンネルです。
中は照明がついているので、歩いてトンネルを抜けることもできます。


DSC_0215.JPG

現実世界から異界への入り口みたい・・・


DSC_0216.JPG


映画のセットのようでした。雰囲気ある~。


DSC_0221.JPG


トンネルから出てきて、脇からめがね橋を撮影。
新緑がきらきら眩しかった☆


DSC_0224.JPG


めがね橋の壁面から咲く、すみれ?
遺構に根付いて芽吹くみどり、いいですねぇ。


この日の宿は、小諸をちょっと過ぎたあたりの温泉。
いつも食べきれないほどたくさんの食事、和洋折衷でおいしくて大好き☆


DSC_0227.JPG
(この後、焼き物揚げ物メイン・・・と出てきます。全員満腹)


とろっとした泉質のいいお湯に 夜も朝も、4度もつかってきました。
窓の向こうは千曲川の河岸段丘ごしに 上田あたりの町の灯りが見えて
ここの温泉はほんと好きだぁ~。

続きます。


 

nice!(0)  コメント(0) 

ハンドミキサー 新旧比較(ナショナル・パナソニック) [お気に入りグッズ]

私がお菓子作りをはじめた中学生の頃から、ずっと使っていたハンドミキサー。
ナショナルの「MK-1003」という品番のものでした。
去年ついに電源コードの接触不良でモーターが止まってしまうようになり
これはあかんということで、35年ぶりぐらいに買い換えました。

以前ここのブログでも 二代目はどのメーカーの何にしようか悩んでいると
書いた記憶があるのですが、
ハンドミキサーは安いのは980円ぐらいから、高いのは一万円超まで
いろんなものがあります。
安いのを買ってみようかとも思ったのですが、初代が35年も頑張ってくれたので
二代目も同じメーカーのものにしました。

パナソニック ハンドミキサー ホワイト MK-H4-W

パナソニック ハンドミキサー ホワイト MK-H4-W

  • 出版社/メーカー: パナソニック(Panasonic)
  • メディア: ホーム&キッチン
2009年の販売開始から安定して評価されているようで

いろんなサイトのクチコミで 現在でも高評価多数。
私も早速使っていますが、基本的に初代と使い勝手は同じです。
ナショナル、今はパナソニックの家電という安心感があるかな。

初代を処分するにあたり、新旧2台を並べて比較してみました。

DSC_0125.jpg

自立させてみたところ。
現行機種の方が角度がまっすぐですね。

DSC_0127.jpg

持ち手から回転数スイッチ、ビーター用イジェクトボタン。
イジェクトボタンは初代のほうが押した感じが好きです。
あくまで私の好みです。主観です。

DSC_0124.jpg
排気孔~底面。
ここはほとんど変わっていませんね~。

DSC_0126 (2).jpg
自立させたときの底面になるところ。
電源コードの本体出口部分、初代機よりがっちり固定されている感じです。
初代はここの接触がおかしくなったので、がっちり固定はうれしいですね~。

ビーター(羽根)も比較してみました。

まずは初代の形状と重さ↓
DSC_0128.jpg

1本51g。中心に支柱があります。

それに対して、現行機種のビーターは↓
DSC_0129.jpg
真ん中の支柱がない分軽くなっているのか、45gでした。
回転部の形状も凹凸がなくなり、厚みも薄くなっています。

ちなみに初代のビーター、現行機種にも問題なくつけられました(使ってみてはいませんが)
軽く薄くなり、中央の支柱がなくなったことで 泡立て自体に変化は?というと
正直 全然違いはわかりません。

現行機種を動かして最初に感じたのは「回転音の周波数が高いな」でした。
うぃ~~~~ん、のあの音が きゅい~~~~ん、と 甲高くなってます。
その分早く泡立つようになったとは感じないのですが、
新しい機種だからまだモーターが元気いっぱいなのか、
これも35年使っていけば次第にモーターも元気をなくしていくのか(笑)わかりません。

DSC_0130 (2).jpg

電源コードを束ねるバンドは、現行機種にはついていませんでした。
なのでこのバンドは初代のコードから外して、現行機種につけかえました。
現行機種にはビーターとコードをしまえるケースがついていますが
やっぱりしまうときにはコードは束ねておきたいので(^^)

重さや手に持った感じなどは、ほとんど違いを感じません。
コードの長さも同じぐらい、キッチンで取り回すのには適度だと思います。
さて、二代目のハンドミキサー MK-H4は何年現役でいてくれるでしょう?
初代は35年。もし同じぐらいがんばってくれたら、私は83歳になります!
てことはキミとは死ぬまでのおつきあいね(^^)お互い長生きしましょ~ね!


 

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -